ドッグフーとの倹約家

倹約家

我が家には、7歳になるパピヨンのメスがいます。普段食べているドックフードは、特に銘柄を固定せずに食べさせています。なぜかというと、犬にも少しでも家計の節約に協力してもらうために、新聞の折り込みチラシを見て、どの店のどのドックフードが安いかを下調べして、買いに行くからです。だから家のパピヨンはどんな銘柄のドックフードでも文句ひとつ言わずに、おいしそうに食べています。

 

飼い主に似て倹約家になったようです。んー、可愛すぎる。おやつは、ほとんどあげないのですが、たまにホームセンターの通路などに見切りのおやつがお安く販売されている物を、ゲットしてきています。あとは、ほとんど人間が食べるものは食べさせないようにしています。唯一、食べさせるのが、自宅で人間が食べるサラダの一部。レタスや、キャベツ、白菜などをデザートとしてあげています。これも喜んでムシャムシャ食べています。

 

以前、ドックフードを食べさせ過ぎて、獣医さんに「太りすぎ」と言われたので、最近は控えめにあげるようにしています。おかげで、今は標準体重になりました。だんだんと、お年寄り犬になってくるので、体調や様子を見ながら、栄養が偏らないように考え食事をさせています。

 

ドッグフードのご紹介!ネスレ【プロプラン】

ネスレより発売されている【プロプラン】は、愛犬の「長生き」をテーマに開発された商品であり、良質なたん白質を摂取出来るように設計されたフードです。
【プロプラン】は愛犬の成長段階や体質に合わせた製品をラインナップしており、太り易い去勢犬にも考慮された商品があるのも嬉しい。

 

主な特徴は新鮮な生肉を、フードが焼き上がる直前に練り込む自家練り製法にあります。
ネスレでは自社研究施設「ネスレピュリナペットケアセンター」という施設を設け、獣医師やペット栄養士の元に研究を続けているのです。

 

フード自体の味や愛犬の食い付きですが、我が家の場合は飽きる事も無く食い付き具合は良好です。
また、世界各国のブリーダーやショードッグオーナーも使用しているので、安心して与える事が出来ます。

 

ドッグフードは金額相応ですので、決して安い製品ではありませんが、世界中で使用されている事、「長生き」をテーマに掲げている点に大変共感が持てます。
いつまでも健康で長生きしてもらいたいので、我が家では【プロプラン 去勢犬用】をずっと使用しています。

 

更に、ネスレのホームページでは研究による【プロプラン】を食した犬と食さない犬の平均寿命を公表している事も、【プロプラン】を選択した要素です。
【プロプラン】を使用してからの我が家の愛犬は、これといった大きな病気にもかからず、結果が出ているのではないかと思います。

 

犬の餌選び!ドッグフードおすすめ|わんちゃんねる


このページの先頭へ戻る